厚生労働省は働き方改革の一環で、

2019年4月から管理職の労働時間を、

把握するように義務付けています。

働き方改革関連法では、罰則付きの残業規制を、

導入することになっていますが、

一般の労働者の法的な枠組みが整ったといえます。

ところが、管理職が部下の仕事を肩代することが、

懸念されることから、

管理職の労務管理を厳しくすることを、

企業に促しています。

企業にとっては、人材確保がうまくいかない、

業務はたてこんでいる、残業規制はあると、

どのように企業運営をしていくのか、

頭の痛いところではあるかと思います。

まずは、業務の棚卸をしてみることを、

おすすめしています。

そのうえで、業務フローを見直してみる。

あらためて、業務の組み換えを検討して見られてはいかがでしょうか。

業務の棚卸は、経営層、管理職、現場の担当者、

それぞれで実施され、突き合わせてみられると、

それぞれで考えていることが違っている、

あるいは、気が付かないうちにダブっていた、

事故につながる原因が発見できるなどっといった、

改善すべき点を見つけることができます。

そこを改善することで、業務のスリム化を図ることができます。

弊社では業務改善のコンサルティングを実施しています。

それぞれの企業様の現状を把握しながら、

最適なご提案をしております。

お気軽にご相談ください。

uriage