いよいよ年末…

昨日、

今年お世話になった方々と

事務所で納会♬

が、

仕事終わらず…

午前中、午後とjobstuy参加願いで

企業周り

 

事務所戻って事務作業

そろそろ終わるから、後は大掃除…

今日が実質的な

仕事納めってことで…

大掃除といえば…

去年、アルバイトさんが

神棚のお神酒を掃除したとき

「変なのが出てきた!!!」

と、大騒ぎしたっけ…

なんか、虫の蛹みたいなのが

入っていたみたい…

その年は、まだパートの社員さんもいて

朝出社したら、

神棚の榊の水交換

一定の日にちに

お米やお水、お神酒を替えることが

仕事としてお願いしてました。

でも、「変なの」が出るってことは

替えてないって

ことだったのよね…

尊敬する、コンサルの先輩が

セミナーの時に話す

「村祭りのお酒」という話があります。

ある村で、

毎年お祭りの時に、みんなで樽酒を飲む。

でも、ある年

お米が不作でお酒が作れない。

これでは、お祭りの酒が飲めない…

なんとも寂しいじゃないか!

そこで、村に樽を置き

村人が自分で持っているお酒を

コップ一杯ずつ入れて、

お祭りでみんなで飲もう

と、計画立したわけです

が…

樽の中身は水だったそうです。

「誰かがするだろう」

村人が

「自分くらい水でもわからないだろう」と、思って

全員が水を入れてい。

会社の組織も

そんなことありますよね…

というお話です。

本当に「誰かがするだろう」

という状況だと

誰もしない…

仕事がこれでは、

困りますね。

仕事は

だれが

何を

いつまでに

どうするか

を、明確に指示をする。

その後、必ず上司が確認!!

これ、大事!

私も確認していなかったし…

「誰かがするだろう」

と思ってノーチェックなのは

「信頼している」という名の

「上司の甘え」だそうです…

あぁぁ~ 耳が痛い!!

信じているからこそ

確認が大事なのです。

suji