昨日は

キャリア教育コーディネーター養成講座

実践コースの最終回でした。

昨年2016年9月上旬~開講まで

自宅学習の、eラーニング(課題学習8時間程度)

から始まる、エントリーコース。

その後、

2016年9月17日(土)、18日(日)、10月 8日(土)

グループワークを中心とした集合研修(全3回)

エントリーコースは

キャリア教育とはから始まり

コーディネーターの役割とは何かを

学んで頂きます。

今、「コーディネーター」って付く方々が

世の中に沢山います。

・地域コーディネーター

・学校コーディネーター

・就職コーディネーター

・職業コーディネーター

・ブライダルコーディネーター

などなど

特に、学校の中で

大人と子どもが関わる

「コーディネーター」と言われる人たちって

みんな一緒って思われがちなんですが…

それぞれ、役割や実施の目的が違います。

私たち「キャリア教育コーディネーター」は

教育というツールを使って、

学校と地域社会をつなぐのが役割です。

教育活動なので、

活動するには

「目当てと効果」が必ずあります。

学校側や

協力してくださる双方に

どう、達成してもらえるかを

カリキュラムとして作成します。

1つの学校で

キャリア教育をコーディネートするまで

3ヶ月から6ヶ月の準備期間がいります。

このことを、たった3日間の

集合研修で学んで頂きます。

11月から実践コース。

文字通り

エントリーコースで学んだことを

受講者の身近な学校で

実施するように交渉します。

その後、地域の方々と協力して

キャリア教育授業を実施します。

この間3ヶ月間。

定期的に、ミーディングをして

キャリア教育授業のカリキュラムを作成

権堂に提出してもらい、添削します。

その際必ず質問するのが

「目当てと効果は?」

「誰のために、何をして、どんな学びにつながるのか?」

この説明や実施する活動内容が一致しないと
「もう一回ゲスト講師の方と話をして、カリキュラム考え直してください。」
と、差し戻し…
昨日の、振り返りの会で
この差し戻しが、本当に辛かったとか…
だって、キャリア教育コーディネーターになりたいと
ご縁を頂いた皆さんに
その核となる「教育カリキュラム」を
作れるようになってって欲しいですから。
「色々なコーディネーターという方々と
 キャリア教育コーディネーターの違いは何?」と
聞かれた時に、
「学校と、地域を教育でコーディネートしているので、
 目当てと効果を考えた教育カリキュラムが作れることです。」
と、自分たちの役割を
明確に伝えて欲しいから…
簡単な事じゃないんです。
繰り返ししないと、
身につかないことです。
本気で、本気で、
ご縁があった皆さんに
このスキルを身につけ欲しいです。
だから、できるまで
しつこく
関わります。
企業からお引き受けする仕事も
一緒です。
ご縁を頂いた仕事で
企業の成果が出るまで
社員さんの成長が定着するまで
一瞬ではなく
「できるまで」
関わります。
「言っただけ」
では、
相手はできません。
育成のゴールは
「できるまで」です。
ouenn