今年に入って

社内の評価作りに関わる

コンサルの仕事が多くなりました。

社内の評価作りの

基準は

様々あると思うのですが

私がお客様と一緒に

大事にしていることは

「企業理念を実現する社員像」

企業が掲げる理念を

どんな人なら

実現していくのか…

一度に望むべき人には

ならないと思うので

どれくらいの時間をかけ

どんな知識と技術が身に付いたら

望むべき人に

近くなるのか…

そんなことを

経営者と一緒に整理します。

経営者の経営理念と

経営者の言動が一致している会社は

社内評価が整いやすいです。

経営者の経営理念と

経営者の言動が一致していない会社は

社内評価を整えるのがとても大変…

特に経営者ご自身が

理念と言動が一致していないことに

気が付いていないと

作業は難航します。

特に中小企業に多いケースが

社員の採用基準が

「誰でもいい…」

企業理念を掲げているのに

採用基準が

「誰でもいい」

この基準で社員を集めらていると

社員の育成や

価値観を整えるのに

とても時間がかかります。

例えて言うなら

サッカーチームを作りたい

「参加基準は誰でもいい」と

いう状況。

サッカー経験者も

運動音痴も

何年かかってでも

全員にサッカーの楽しさを教えます。

という、意思で行うなら

その採用基準もアリです。

ただ、中小企業の抱えている課題

・スキルの向上に時間が掛かる

・離職が多い

・社員間の不仲、不信感

これを改善したい

とお考えなら、

どんな基準でチームを作るか

そこから、

整えていかないと

これらの課題は改善できないことが多いです。

我が社のmissionは

「次世代の担い手育成」

このことに情熱を燃やし

教育界の先駆者として

共に活動してくださる

「仲間」を求めています。

社長の顔色を伺い

言われたことだけをする人ではなく

社長の私に言いたいことを言い

一緒に良い教育サービスを作り上げていく

パートナー的な人達と

一緒に働き

社会をよくする事業活動をしたいです。

これが、我が社の採用基準です。

あなたは

どんなチーム(会社・組織)にしたいですか?

ti-mu