昨日、娘が

修学旅行(カナダ)から

戻ってきました。

行く前は

「外国って怖いんでしょう。」

「やっぱり、日本が安全で良いよね。」

「行きたくないなぁ…」

言ってましたが

カナダは楽しかったらしく

「また行きたい♫」

言ってました。

行く前は

あんなに、行きたくなって

言ってたのに…

「百聞は一見にしかず」

自分の目でみて

自分で感じることが

大事ですね

 

 

社員研修でも

同じようなことが

起きます。

普段の業務では

経験が無いから

知識がないから

といって

任せてもらえないような仕事を

 

擬似的にさせることがあります。

例えば、

何か工具を使うようなものでも

壊れてもいいものや

普段よりも小さいサイズのもので

使い方を

デモンストレーションさせると

結構できちゃう

が、

上司が見ると

「まだまだ」

一般的に

「問題なく使えるレベル」

「上司が望むレベル」って

上司の技術水準だから

相当ハードルが

高いわけです。

技術が高くなるまで

操作させなければ

いつまでたっても

上手にはなりません。

本当に技術の向上を

のぞみのであれば、

まずは、

低いハードルを用意して

飛ぶ練習をさせないとね…

仕事の技術は

仕事でしか高くなりません

ちゃんと

上達できるように

練習のチャンス与えていますか?

 

高飛び