先日、某企業さんから

「某大学の依頼で

地域企業と連携した

キャリア教育をしたい。

誰か相談に乗ってくれる人

知りませんかと聞かれたので

権堂先生お願いします。」

と、なんともありがたい

お話を頂きました。

で、学校の関係者とお顔合わせ…

学校からは、

キャリアに関する部署の役職の方と

これまでキャリア教育授業をしてきたという

キャリア教育の専任師の方とお会いしました。

その講師の方は

次年度、外部連携でキャリアの授業をするとは

聞いてなかったようで

「大学ではこれまで私がキャリア支援をしてきました。

学生のキャリア形成は、

今までの授業でも問題ないと思うんですが…」

と、少々怪訝そうに話をされました。

「次年度のシラバスも

もう決まっているので、

今から変更するのは難しいです。」と

言いながら

シラバスを出されました。

「某大学2年生 キャリア教育授業前期シラバス」

1週目:オリエンテーション

2週目~4週目:ビジネスマナー

4週目~6週目:自己分析

7週目~9週目:エントリーシートの作成

10週目~13週目:面接の受け方

14週目~15週目:面接指導

こ、こ、これは…

これは、キャリア教育じゃなくって

進路指導の授業なのでは…

キャリア教育 = 進路指導

と考えている

教育指導者の方がいらっしゃいます。

10年以上前に

キャリアについて学ばれたときは

そんな「ニュアンス」もあったかもしれません。

ただ、今の学校教育の中で

キャリアに関わる学習は

「学生が自主的、主体的に活動し

自ら自己の課題を見出し

解決する行動に至る場を作る」

とか

「主体的・対話的で深い学びの実現」

など

学生が主体となる授業づくりが

講師に求められています。

特に、大学などでは、

 

 

「主体的・対話的で深い学びの実現」を意識し

授業の題材も幅広く

・自分自身を知る(自己理解)

・業界研究(産業の成り立ちを知る)

・企業研究(マッチング視点)

など

面接指導や、マナー以前に

自分で考え

自分を見つめる

そんな授業作りが

必要なのですが…

「なるほど…

だから呼ばれたのね…」

と、小さく心の中で

呟いた次第です…

以前は、一度学んだことは

生涯変わらないと

思われていました。

なので、資格も一度取得したら

一生使えるものが多かったです。

でも、時代は猛烈な勢いで変わっています。

去年の情報ですら

「え、変わりましたよ!!」と

言われることもしばしば…

最近のビジネス資格も

「一度学んだら終わり…」ではなく

一定期間後、更新手続きがひつようという

資格が増えてきました。

「資格は一生もの」

そんな時代ではなくなりました…

企業の業務内容でも

簡略化されたり

新しい機械が導入されたり

仕事が統合されたり

日々変化は起きているはずなのに

でも、指導のスタンスや

関わり方は昔のまま…

それでは、部下のスキルが

向上しにくいのでは…

仕事の仕方が変われば

指導の仕方も変わります。

あなたは、

自分の指導の仕方、

指導内容のブラッシュアップは

していますか…?

昭和