人の言葉で

一喜一憂した話。

昨日は

9:30~ 事務所 キャリア教育に関する次年度の打ち合わせ

13:00~ 吉塚 長嶺さんに前の日預けた荷物を取りに

13:30~ 東光 社内教育システムの打ち合わせ

16:00~ 高宮 jobstudyのお礼状をお届けに

18:00~ 事務所 日報コンサル

20:00~ 1時間 一本勝負で メンターとワイン

6人の方にお会い

プラス、数件の電話で

10名近くの方と話をしたのですが、

その時の会話に

一喜一憂…

一喜

・やっぱり、こういう話は権堂先生でないと

・凄いな、簡単に話がまとまりましたね

・その話で、やりましょう!!

・色々、巻き込んでやりたいので仕掛け考えてください。

・いやぁ… 見ている視点が違いますよね…

なんて、言っていただけると

めちゃくちゃ嬉しくって

ご機嫌さん♬

一憂

・正論ばっかり言ってるんじゃないですか

なんかねぇ

この「正論を言う」ってことで

嫌ごとを言われた経験があって

なんとなく、

プラスに受け止められない…

この話を聞いてから

なんとなく

気持ちがダウン…

いかんいかん

こんな時は…

「○○さん、今って会社ですか?」

と、師匠に電話

「おぅ、会社。

帰るぞ。博多駅集合な」

さすが、察してくださる…

60分だけという話で

一憂の話をする。

師匠いわく

「まぁ、ごんちゃんはさぁ、真っ直ぐで熱いわけ。

で、その真っ直ぐさや熱さが苦手な奴もいるわけよ。

その苦手感を話すと

なんとなく自分が負けたような気になるから

ごんちゃんに非があるように言いたいんじゃない。

てかさぁ、

そんな話で凹むとは、意外と乙女だねぇ~。」

意外とって…

50過ぎても、

乙女ですが何か…

でも、「乙女」って嬉しい♬

一喜復活!!

復活したところで

ワイン1本空き、

60分終了♬

人は自分のイメージしている自分と

そうでない自分があって

認識している自分じゃない

イメージを言われると

非常に戸惑います。

特に、自分が意図的にしていることではないのに

悪意があるように捉えられると

なんともやるせない…

 

そんなときは

自分で自分を復活させるのは

とっても難しい。

一憂したときは

心から信頼できる人に

思いっきり

褒めてもらう。

それで、また元気になれるなら

相手も喜んでくれますよ。

遠慮せず。

お電話を~

パソコン