経営上の課題の一つが、

上司が部下を育てられなくなっていることです。

少し前の調査ですが、

『労働政策・研修機構』が2014年に約1000社の調査をまとめたものによると、

・業務多忙で育成の時間的余裕がない

・上長などの育成能力や指導意識が不足している

が上位を占めています。

無題

企業の様子を見ていて感じるのですが

育成能力が不足しているというよりは、

上司が持っている知識やスキルが役に立たなくなっている

そんな側面もあるのではないかと思われます。

指導する側が指導された時と、

同じ方法では部下が育たなくなっていることは、

社会環境の変化、指導する内容の変化、

部下の育ってきた環境の変化からも、

容易に想像がつきます。

その上、業務が多忙で時間がない

となれば、人材育成が後回しになってしまうことも、

理解できます。

しかしながら、将来を担う人材はほっておいて育つものではありません。

経営層として、人材育成に手がまわっていないと感じるなら、

管理職の状況を一度確認してみることが必要でしょう。

 

 

tayoru