人材の流動が活発になり、

中途採用で人材を確保することも多くなっています。

先日こんなことがありました。

ある組織で、異業種から転職され、

中途採用された人材。

年齢からいっても社会経験が充分にある人物でした。

ところが数か月すぎても、

責任者がおもうような仕事の成果がだせていません。

そのうちに組織内でその人物に対する、

不満が責任者の耳にはいってくるようになりました。

このままでは、組織内の運営がうまくいかなくなる、

そう考えた責任者は個別で面談を実施することにしました。

何か仕事で困っていることはないかとの問いに、

問題ないというご本人。

仕事でわからないことはないかとの問いに、

出来ているというご本人。

仕事の成果は出せているかとの問いに、

『言われたことはやっています』

この言葉を聞いてこの責任者は、

愕然とされたと同時に充分に、

仕事の説明やこの組織が目指していることを、

伝える時間をとっていないことに気づかれました。

採用の際にも『やること』は説明したものの、

この人材の役割が『やること』だけではなく、

組織で考える『成果』に結びつくことを、

目指してほしいことも伝えきれていなかったようです。

また、日々の仕事の中で、伝えきれていないということは、

組織のメンバー内でも目的が曖昧になっている

ということではないかと、

考えられています。

社会経験が豊富だからと言って、

その組織の目的を理解できるわけではありません。

それぞれの組織で考えていることや、

目指していることは違っているので、

新しい人材を受け入れれば、

きちんとした教育が必要です。

また、長くその組織にいるからといって、

組織の目的が共有できているわけでもありません。

これをきっかけに、

この組織ではあらためて『この仕事の社会的な役割』を明確にし、

メンバーと共有することに取組まれています。

はじめみると、長年一緒に仕事をしてきた者同士でも、

考え方や思いに少しづつ違いがあり、

?や!の連続です。

集中した時間は必要ですが、

これからの組織運営を考えるときには、

必要な時間かもしれません。

 

 

58389c679501bd91619c029ba29b721d_s

いくつかの課題が感じられます。