6月1日時点での内定率は 70.3% 。

昨年に比べて +2.2ポイントとなりました。(リクルートキャリア調べ)

また、学生の就職活動稼働率は 57.3%となり、

6月1日の選考開始にむけて一段落しているといえそうです。

そんな中で、大手企業は2021年4月(再来年の4月入社)に向けた、

採用の準備に入っていますが、

通年採用も見越してその手法をかえつつあります。

人材の潜在力を見極める採用から、

自らの潜在力や成長したい分野をもった人材の

潜在力を引き出す採用に切り替わっているように感じます。

これに繋がり入社後の育成方法もおおきくかわっています。

学生の就職先の決め手が、

『自らが成長が期待できる』がもっとも高い割合をしめるなか、

中小企業だからできる、

採用の手法もあるように感じます。

56a9bc3032317680bee8b32e18b2354c_s