業種:介護・福祉事業

事業内容:デイサービス、ホームヘルプ、施設運営など

従業員数:100名

人材の定着に力を入れたいという経営層からのご相談でしたが、

人材の定着の背景には、これまでの実績から、

・拠点を増やし介護サービスの充実をはかりたい

・各拠点が自立できる環境を整えたい。

という経営層の意図がみえてきました。

また管理職のヒアリングで出てきた言葉は、

・人材をマネジメントした経験がなく、どのようにしたらいいのかわからない。

・現場を任せられる人材が不足しているため、仕事を教えても離職してしまうことが多い。

これらを分析した結果、

『管理職がその職責を明確に理解し、管理職としてのスキルをつける。』

ための対策をとる必要があると判断しました。

そこで、

①現状の業務整理

②業務の細分化をし、ポジションごとに職責を明確にする

③あたらしく受けれる人材の育成計画を策定し、

それにともないキャリアアップの仕方を明確にする

④将来的には評価制度を構築する

という対策にむけて実施中です。

管理職の方々に毎月1回、2時間の時間をいただき、

①にとりかかっているところです。

すでにこの①の時点で、

各拠点で仕事の仕方が違っていたり、

職種で重複してしているこで効率的ではない

仕事の仕方をしていることや、

新人にOJT中心で指導していたため、

技術にバラツキがあることがみえてきました。

コンサルティングのたびに、

新しい発見があり、

改善すべきことが明確になりつつあります。

管理職は次世代を中心になって担う人材。

管理職の育成をしながら、新人の育成につなげる。

弊社ではもっとも効果が得られる手法だと考えています。

img3