『HRテック』この言葉を聞かれたことはありますか?

金融 × テクノロジー = Fin Tech

教育 × テクノロジー = Ed Tech

人材 × テクノロジー = HR Tech (Human Resource)

労働力不足の解決のために労働力率の引き上げや、

生産性の向上のためにデータとテクノロジーを

活用しようという機運がたかまっています。

テクノロジーといえば難しく感じられまが

HR Techの目指すところは、

自組織の人材 = 従業員 の情報を、

適切に取得するために テクノロジーを活用し、

自組織の人材育成につなげることではないかと思います。

ではその従業員の情報とはどんなものなのでしょうか。

入社時には年齢、学歴、資格、経験などを取得することができますが、

入社後は人材がどのようなことにやりがいを感じ、

どのような仕事の経験をつんでいるのか。

将来の個人のキャリアプランはどのように考えているのか、

入社後にどのような能力がつきどう貢献しているのか。

自社の将来を考えた時にこの人材をどのように活かしていくのか。

その上で自社の将来を考え『育成』していくことに、

繋げることが必要ではないかと思います。

これまでのように人材が決まった仕事を覚え取り組むことでは、

組織に貢献できない時代になっています。

組織の将来を見据え人材を育てることが、

経営の最重要課題になってきています。

成長