先日、社内教育の

コンサルをしている

企業の

「お疲れ様会」に

参加してきました。

この企業は

3月末の年度末で

一旦仕事が区切られるような業種

そこには、多数の会社が

仕事の協力をしています。

「年度末が過ぎ

今回も仕事が終わりました。

ご協力ありがとうございました。

新年度もよろしくお願いします。」

という意味を込めた

「お疲れ様会」です。

で、権堂も

「協力会社の一つ」として

お呼ばれしました。

30人~40人くらいの会食。

私の席の近くの方は

初めましての方々…

名刺交換をして

「この企業と何の関係?」

という話しから

人の育成の話に…

ご挨拶したのは

 

3社の経営者の方や

人事担当者の方。

共通の話題は

 

「求人しても人が来ない」

「来ても続かない」

「働く意識が本当にない…」

など…

「人」に関わる悩みは

業界業種問わず

同じのようです…

「求人しても人が来ない」

という課題は

今後益々深刻化します。

それを防ぐには

企業は今以上に

地域活動や

学校教育に参画していくと良いです。

今の時代、

子どもたちの情報源は

テレビとインターネット。

この中に含まれない情報は

子どもたちの所へは

届きません。

情報がなければ

「選択肢」には含まれない…

地域の企業が

子どもたちの就職先として

認知してもらうには

もっと子どもたちに

存在を知ってもらう活動が必要です。

学校も地域企業と

交流したいと望んでます。

地域企業の皆さん!!

地域の学校で

自社の仕事の良さを

伝えに行きましょう!!!!

「そうだ! 学校へ行こう!!!」

ご興味のある方

詳しくはこちらへ…

教育CSR

谷田建設2

看板作成体験