弊社で人財育成のコンサルティングを、

お引き受けするときには現状を把握するために、

経営層、中間管理職、一般社員と、

ヒアリングを実施してます。

これまでお話を聞かせていただいた企業様では、

熱く自社のビジョンやこれからを語られる経営(者)層は、

すくなくありません。

特に創業社長は、ある程度、経営が安定してきたら、

次の事業の拡大を目指して、

『あたらしい事業に取り組もう』

あるいは、

『職場を(よりよく)こんな環境に整えていこう』

『よい会社にしていこう』

と熱く組織のビジョンを語られることがあります。

ところが、一般社員にはもとより、

管理職にも届いていないと感じられることがあります。

そして、『社員の動きがよくない』と感じられたり、

社員から『社長が言っていました・・・』といった発言が、

聞かれたりします。

そんな状況になってしまうのは、

いくつかの原因があると考えられますが、

一つはコミュニケーションが正確にとれていないことが、

考えられます。

組織のビジョンなどはこれから目指す方向性であり、

少なからず変化を求めることになります。

『変化を求める』ということは、

『現状ではダメである』というメッセージを多分に含んでいます。

メッセージを送る方は、未来目線であるだけで、

そんなことは感じていないかもしれませんが、

聞き手は暗に『現状を否定された』と感じてしまう可能性があるということです。

こう感じてしまうと、

『これまで一生懸命会社に貢献してきたではないか』

『いままでそれなりにやってきたではないか』

『言っていることはわかるけど、いまやっていることはダメだってこと?』

と感じてしまうのも想像にかたくありません。

そのような心理状態に伴って、

行動が制限されてしまっていることが考えられます。

内容を理解していないのではなく、

これまでを評価されていないという感情の問題なのです。

では、解決策はあるのでしょうか?

ひとつは、これからのビジョンを伝えるだけではなく、

これまでをきちんと評価して、伝えることが必要でしょう。

経営(者)層、管理職、一般社員がともに、

これまでを振り返り、共有する時間を持つことが、

必要ではいでしょうか。

meeting