昨日、顧問先の面談に車で移動

都市高を走っていると

目の前に一台のトラックが合流して

前に入る。

と…

新しく顧問先になった

企業の名前が…

「あ、○○のトラック!

運転しているの、誰だろう…」

と思った。

この会社の顧問にならなければ

トラックを見ても

会社名は目に止まらなかったろうな…

まして、ドライバーをイメージすることない…

でも、顧問として何度か会社に行き

社員や経営者と会うたびに

社名や社風や、社員の顔が刷り込まれ

会社名を見ただけで、

関わった方がの顔が浮かぶ…

先日大学と佐賀の中小企業団体との

キャリア教育授業を実施しました。

その感想文には

「中小に興味を持った。」

「中小企業のイメージが変わった」

などのメッセージが書いてありました。

学校の現場で、特定の企業について

話すことはなんとなく

タブー視されているように感じます。

でも、特定の企業や経済団体だって

学生に働く意義や

企業の社会的な役割

仕事の重要性を付いたえ

考えさせるワークを行えば

授業の教材となり

学生もそこから多くの学びを得る。

私たち大人は

大人の価値観から

学生や子どもたちの学びの機会を

奪ってはいないだろうか…

 

教えれば

認知してくれます。

求人しても学生が来ない。

人手不足と嘆いていても

学生は企業を見てけてはくれません。

そもそも存在を知らないのですから…

学生に企業の素晴らしさを

伝えることに躊躇しては

いつまでたっても

学生は地域企業の存在に気づけません。

伝えれば

しっかり受け止めてくれます。

企業の事業内容が

学校の教材になる時代です。

そのサポートをするのが

キャリア教育コーディネーターです。

貴社も学生に

自社の魅力を伝える授業をしてみませんか…?

170127アンケート4 170127アンケート3 170127アンケート2 170127アンケート1