今日は千葉の佐倉市で

農業指導者の方向け

キャリア教育研修会

飛行機に乗り

京急で品川へ…

この時点で、手持ちの本を

読み終えてしまった…

ん~

まだ先は2時間近くかかる模様…

多分、パソコンで仕事はできないだろうし…

こんな時、メンターたちの声が聞こえる

「時間は有効に使え」

「移動時間こそ、絶好の思考時間」

「寝るんじゃないぞ」

「本を読め、本を!!!」

そうね…

新しい本でもかおうかな…

品川駅構内にある

本屋さんへ

何を買おうかと見ていたら…

お!!

これは…

honn

日頃から、孫子や老子の本を読めと言われ

いくつかの本を購入すながらも

稚拙な頭脳には

全く浸透しなかったジャンルの本

これなら、移動しながらでも

読めそうだし

私レベルでも読めそう…

読みやすい!!

なるほどねぇ…

こう、いうこと…!!

今まで百科事典のような本や

ほぼ、中国語の翻訳でしかない本や

マンガでわかるシリーズ本

色々、読んでみたけど

どれもピンときませんでした。

でも、この本はとても理解しやすい。

それは…

シンプル!!

短い言葉と

その言葉の解説を

身近な例で書いてありました。

この身近な事例で話すことの

重要性を会社設立の時から

教えてくださったのは、

私の大尊敬する経済のメンター

立教大学経済学部 教授 山口義行氏

山口教授の著書である

聞かせる技術」にも記載があることです。

 

同じ言葉でも

聞く相手によって

捉え方や

認識のしかたは

全く違います。

知識があるものは、

伝える相手の状況によって

言葉を選び

聞く耳を持たせる必要がある。

理解させる意図なのか

啓発する意図なのか…

仕事で大事なことは

「聞かせる」

相手に「聞こう」という

意識を向けさせること!!

それには

シンプルで

聞く相手の身近な事例で

端的に伝えることです。

自分の言いたいことではなく

相手に行動してほしいことを

「聞く耳を持たせるように伝える」

管理者が押さえたい

「技術」ですね。