先週から今週にかけて

4月以降の

新入社員研修の

顔あわせや

打ち合わせをしてきました。

6年目、8年目と

毎年お声をお声を

掛けていただけるのは

本当に嬉しい…

某企業さんは

「権堂先生、今年もビシビシお願いします。」が

毎年の挨拶になってます。

ビシビシって…

厳しく指導してくださいというので

厳しくしているだけで、

決して、鬼キャラではないんですが…

こんなふうに言われると

実はちょっと

悲しくなったりします。

別に、厳しくしようと思って

接してないし…

自分の中では

凄く優しく接している

つ・も・り…

でも、周囲には

そんな風に伝わらないんだなぁ

と思うと、

ちょっと悲しい…

私は幼少期から一人暮らしをするまで

両親に凄く厳しい躾を受けてきました。

ある意味

軍隊的な感じね。

親の言うことは絶対服従

口答えなんかしようものなら…

両親ともそうで

特に母の躾が厳しかったです。

なので、自分が子どもを産んだとき

どう接して良いか

戸惑ったこともありました…

だって、ハグされたことないし

頭なででもらった記憶もない…

だから、本当に子どもとどう接していいのか

分かりませんでした。

それから、

いろいろな人に会い、

自らも学びを深め

人との関わる仕事をするようになりました。

それでも、昔から染み付いた

人に対する距離感や

恐怖心は

なんとなく周囲の人を寄せ付けない

空気を出すのかもしれません。

以前はこんなふうに思うのは

自分だけだと思っていました。

でも、意外や意外

理由は違うけど

無意識のうちに

人を遠ざけたい

人と関わることを躊躇する人は

いらっしゃいことに気がつきました。

そんな方々に

大丈夫

怖くないから

人って意外と

優しいからって

気がついてもらうことが

今の仕事になっていきました。

自分にとっては

ネガティブな話でも

それを希望になると行ってくれる人がいました。

その方々の言葉で

また救われる自分がいました。

厳しさの連続は人を萎縮させ

小さくします。

分かっていますが

厳しさしか経験したことがない人は

優しくする仕方がわかりません。

悪気があってしているわけではないので

どうか、優しく接して

人に優しくする方法を

教えてあげてください…

naderu