変化が激しく、将来の予測が難しい経営環境。

継続的に高い成果を生み出す組織を実現させるためには、

人材の『キャリア開発支援』は企業戦略の一つと

位置付けられる時代になりました。

これまでは、社員は与えられた仕事や役割を、

会社の期待どおりに取り組んでいくことが

『よい社員』とされていました。

ひとつの事業を時間をかけて育てていく、

そんな時代には社員は与えられた仕事や役割に、

取組むことが個々の人材のキャリア開発につながっていました。

事業を取り巻く環境が激しく変化しているために、

顧客に提供するサービスや商品も変化している今、

仕事内容や担当業務が短い期間でかわることが起こっています。

そこで、個々の社員が自分のキャリア開発を行えるように、

支援することが必要になってきます。

主体的に自分にとって『働くこと』の意味や、

『自分にとっての仕事や会社』について『考える』

そこから個々の社員が成長し、組織が活性化する。

与えられた役割にどう取り組むかではなく、

それぞれの社員がこれからどのようになりたいのか、

その先にような組織の将来があるのかという視点が、

個々の成長につながります。

組織の将来像を明確に提示することが、

個々の社員のキャリア開発支援に繋がります。

組織の具体的な将来像の提示が、

働く社員のキャリア開発支援につながっていのです。

クレーム