弊社では、キャリア教育の一環として、

小中学生にマナー講習を行っています。

新入社員向けのマナー研修と大きな違いはないように思います。

弊社で大切にしていることは、

『なぜ』を理解することです。

マナーはなぜあるのか?

マナーはなぜ必要なのか?

お辞儀の角度が15度、30度、45度であることが、

大切であるのではなく必要であると感じるかどうかで、

行動は変わってきます。

経営者の方々にお話をうかがうと、

『うちの社員は挨拶もできない』

『当たり前のことができていない』

と言われることがあります。

たしかにあたり前だからできるだろうと

思われるかもしれませんが、

『なぜ』必要なのかを伝えていなければ、

行動にうつすことはできないと考えます。

またこの多様性の時代、

自分のあたりまえがみんなのあたりまえではないことも、

おおくなっています。

自社の社員の行動に疑問を感じたら、

それぞれがどのような基準で行動をしているのか、

確認する必要がある時代であることも、

考えておかれる必要があります。

pr_image_demo_2