6月16日 土曜日に行政+企業+弊社と連携して、

小学校での環境教育を実施しました。

『地域のゴミを減らす』取り組みの一環で、

行政が企画し、企業様が小学校へ

『環境教育』として出前授業をされています。

今回はそのなかに『食』についてとりいれたいとのご希望でした。

企業様からのご相談に弊社で培った『キャリア教育』の

実績をいかすことができました。

『人は知らないと選択しない』ものです。

そこでいろいろな料理の写真を用意し、

食べたことがない料理を書いてもらいました。

食べたとことがなくても、

だされて食べなければ『ゴミ』になってしまいます。

『だったらどうしたらいい?』

『ゴミを減らすにはどうしたらいい?』

と問いかけながら、考えてもらう時間を作りました。

考える ⇒ 話し合う ⇒ 人の意見を聞く ⇒ 発表する

行動したり、アウトプットしたものは、

知識の定着を促進します。

いつも感じるのですが、

大人が思いもしないアイデアや意見。

これまで気が付かなかった子どもたちの感性。

そしてこれら大切に育てることは、

社会に求められている役割かもしれませんね。

また、行政と企業が手をとりあって作る授業は、

まさに『体験』『経験』をする『キャリア教育』です。

小中学校のキャリア教育のカリキュラム開発も承っています!

DSC_0040