大学生の就活のルールは、

大学3年の3月に説明会、

大学4年生の6月に面接解禁が、

10月に内定決定。

これが、経団連が加盟企業に求めているルールです。

就活ルールとして広く知られていますが、

売り手市場を背景に、すでに内定を手にしている学生が、

4割を超えているとか。

経団連に加入してる企業でさえ、

水面下で選考をすすめているようです。

就活ルールも形骸化しています。

経団連は21年卒業の学生の

就活ルールを見直すようですが、

新卒一括採用のために、

時期で縛ることには限界がでています。

企業経営のなかで

人材の確保をどのように計画するのか、

採用市場の動向はもちろん、

自社の将来を見据えて検討することが

必要ですね。