大学新卒者から採用担当者によくある質問は、

『残業はどのくらいありますか?』
『ちゃんと仕事を教えてもらえますか?』
『社内の雰囲気はどうですか?』

です。

ちょっと前なら、このような質問をする学生は、

『やる気がない』や『自分の都合を優先する』といった評価がされ、

不採用になってしまうような質問ですが、

最近の学生は確認をしてきます。

大学で就職支援の際に、どんな企業で働きたいかのと聞いてみると、

『残業が少なくて、仕事を教えてくれて、社内がいい雰囲気のところ』

と言った答えをよく耳にします。

今の学生は、

『残業が少なく、ちゃんと仕事を教えてもらえる、雰囲気のいい職場で働きたい』

と思っているのです。

ちゃんと仕事を教えてもらえて、雰囲気のいい職場とは、

あいまいで、個人個人捉え方が違ってくることを、

採用担当者は理解する必要がありますが、

いずれにしても、新卒の学生が就職の際に最も気にしてることです。

であれば、残業が少なく、

ちゃんと仕事を教えてもらえる、

いい雰囲気の職場をつくっていくことで

人材の確保ができるようになります。

このなかで一番の要は、

『ちゃんと仕事を教える』ことではないかと考えます。

新人が仕事を理解し、業績をのこせるように

具体的に仕事を教えることができれば、

その新人は前向きに仕事をすることができるようになります。

組織として

『ちゃんと仕事を教える』とは、

その新人が『業績をのこせるように』教えることです。

『そんな時間はない』

『自分で考えて行動してもらわなければ・・・』

『仕事は先輩の背中を見て覚えること』

それでは今の新人は育ってくれないのです。

人材の確保が難しくなってきたいま、

事業継続を考えたとき、

採用した人材が活躍できるように、

その仕組みをつくるのは、

組織の役割です。

前回のブログ記事にも書きましたが、

集団は2:6:2 で構成されます。

組織の80%を占める人材の育成に、

とりかかるべきではないでしょうか?

58389c679501bd91619c029ba29b721d_s