立ち寄ったコンビニエンスストアで、

手に取った本です。

これまで、良いイメージをもっていなかったのですが、

読んでみるとごもっとも思えるところも数々ありました。

ごくごくシンプルに、

『やいりたいことは何か』

『ではどうしたらできる?』

この繰り返しでやってきている人なのだということ。

自分の価値観や性格、大切にしてるものを理解していて、

職業を選ぶという感じではなく『仕事』をするために、

どうしたらいいのかと考えている人であると理解しました。

さて、これからの時代、産業が変化しています。

またその変化のサイクルはだんだん短くなっています。

ではその流れの中に流されてたときに、

自分の価値観や性格、大切にしているものを、

どう活かすか、活かせる環境をどうつくるか、

見つけるか、あくまで『主体的』であることが

求められることだと感じた一冊でした。

薄くて読みやすい本です。

新入社員の研修につかわれてもいいのかもしれません。

堀江後悔しない生き方