指導力を高める

研修を担当するとき

「今、指導者としてどんな困りごとがありますか?」と

ディスカッションをしてもらいます。

様々な困り事が出てくるのですが

最近多いフレーズは

「怒れない」

部下を叱れないことが

悩みだそうです…

「なんで、怒れないことが悩みなの」

と聞くと

「怒らないと、悪いところが修正できない」

「怒らないと、言うことを聞かない」

「怒らないと、舐められる」

など…

沢山の理由が出てきます。

その理由…

「怒らんでもよくない?」と

思うことが多いです。

「怒らなくても」

悪所の修正はできますよね…?

「怒らなくても」

言うことを聞かせることって

できますよね…?

「怒らないと舐められる」は

そもそもの信頼関係が要因かと…

「怒る」という行為を

しても、しなくても

部下の行動には変化が無いような…

むしろ「怒る」と

部下がなぜ出来なかったのか…?

何が分からなくって

行動できないのか…?

上手くいかない

原因を聞き出すことができないので

改善提案はできませんね…

上司が怒ったところで

部下が成長しないのであれば

怒る必要性は無いのかも…

怒るよりも

なぜ、部下が自分の想定通りの

行動をしていないのか?

どのような、課題があって

行動に至れないのか

冷静に考えて

関わったほうが

「怒る」よりは

部下の成長を後押しできるのでは…?

あなたの指導の中にある

「怒る」

「ダメ出し」は

何のためにすることですか…?

部下に自発的に考えて

一人でも仕事ができるように

なってもらうことを

望まれているなら

その怒りは

不要だと思いますよ…

怒る