昨日、Facebookに

 

「靴選びに2分迷い

 

電車に乗り遅れて20分のタイムロス」

 

という話を載せました。

 

共感していただける方が多くて

 

ビックリでした…

 

なんで、靴選びに迷ったかというと…

 

昨日25日、昼から東京に出張だったんです。

 

26日の午後からは、

 

立教大学で「ちょっとおしゃれをして出かけたい」

 

女性経営者サミットというのがあり

 

それに参加するため…

 

24日東京では大雪のニュース

 

「ブーツを履いてパンプスを持っていこうか

 

パンプスを履いてブーツを持っていこうか…」

 

これを悩んだ2分間

 

結局

 

最初に思いついた

 

「ブーツを履いてパンプスを持っていく」

 

を選んだんですが…

 

でも、

 

東京についてみれば

 

雪積もってないし

 

さほど、寒くもない…

 

「これなら、パンプスだけで良かったなぁ…」

 

 

思いました。

 

 

 

 

 

で、昨日の学び

 

迷いって、

 

本当に情報量の少なさだと思いました。

 

もう少し

 

事前に状況を調べておけば

 

簡単に「パンプスでいこう」と

 

即決できた。

 

でも、古い情報に左右され

 

自分の思い込みで

 

物事を決める

 

でも、情報量が少ないと

 

決めきれない…

 

ちょっと、他の情報を探してみたり

 

人に聞けば

 

簡単に決められることも

 

多い…

 

ただ、せっかく情報を持っていても

 

整理ができてないと

 

引き出せなくって

 

有効活用できない…

 

先入観とか

 

固定観念は

 

自分で変えるのは難しい

 

誰かに整理してもらうと

 

情報活用も効果的になり

 

迷うは減るのでは…

 

情報の引き出し

 

整理してますか…

 

neko