昨日は娘の志望校

尚美学園大学

オープンキャンパスに

参加してきました。

娘はこの大学で

「デジタルサウンドクリエイター」の

勉強をしたいんだとか…

初めて聞く職業に

旦那さんも、私も

「なんじゃそりゃ…!?」と

聞きなれない職業に

困惑しました。

特に旦那さんは

「福岡の大学で、その勉強はできないのか?」

「国立大ではないのか?」と

尚美学園大学以外も

考えるように言ってました。

私も1つの選択肢より

複数の複数の選択肢が

あったほうが良いと思い

過去2校の大学の

オープンキャンパスに

参加してきました。

でも、その2校は

娘がイメージしていた

「デジタルサウンドクリエイター」とは

異なっていたようでした。

娘が第一志望と言っていた大学…

確かにこの学校は

これまでの学校と雰囲気が

違いました。

ガイダンスをしてくださる先生方が

個性的で面白い♪

娘というより

私が先生の話に引き込まれました。

娘が志望する

「デジタルサウンドクリエイター」とは

音楽応用学科 になります。

その学科長のご挨拶で

「音楽は科学です。」

この言葉に衝撃を受けました。

更に専任教授の

模擬授業を受けたのですが

「サウンドクリエイターは

日常生活の中に

音楽の活用方法を考える仕事。

わかりやすいシーンは

ゲームとか、アニメとか、映画とかの中で

音楽を活用すること。

でも、もっと身近なことだと

車のドアの閉まる音や

炊飯器の炊き上がりを

お知らせする音。

この音を数式で作ります。

倍音といって、

倍数を基本に考えるので

数学は勉強してきてね。」

ほぉぉぉ~

そうなんだぁ~

音楽の土台は

数学!!

面白い!!

ここの学科の先生方は

社会で活躍されてきた

方々がいらっしゃるとかで

話がとても現実的

大学での学びが

仕事のどこで使うかが

すごく分かりやすい!!

こんな先生の授業、

私も受けたい♪

そんな気持ちになりました。

第一志望だった娘は

尚更、その思いは強かったようで…

「数と学もう少し勉強しよう。」

ほぉ!!

普段はあまり前のめりにならない

娘でも刺激を、受けたようです。

自分のなりたい姿の大人が

目の前に現れると

誰かに何か言われなくても

子どもは

その人になりたい

近づきたいと思い

努力をし始めます。

それが、傍からみれば

厳しいだろうなって思うことでも

憧れの人に近づきたいと

思う側にしてみれば

苦にならない努力のようです。

そんな娘の姿を見ながら…

私は、人から憧れてもらえるような

魅力はあるだろうか…

人を引き付ける

魅力はあるのだろうか…

憧れの人に出会え

嬉しそうに話をする

娘を見ながら

自問した一日でした…

ゆめ