昨日、娘の修学旅行に持っていく

持ち物の買い出しに行きました。

色々ありますが、メインは洋服

カナダに行くらしい… (=_=)イイナァ

制服で行動することが多いそうですが

私服もあるとか…

で、

厚手のジャケットとか

パーカーとか

色々買った訳ですが…

「こんなに背が高かったっけ…」

「お、こんな趣味になったんだ…」

「へぇ~ 周りの人にこんな風に接するのね…」

と、

普段、映画に行ったり

晩ご飯のお買い物をしたり

そんな行動では見えなかった

娘の成長が垣間見れました。

毎日、毎日一緒にいるのに

成長って気がつかないですね…

 

コンサルでお伺いする企業でも

「社員がうまく仕事を覚えない」

「段取りが悪くて使えない」

というお話を伺い

改善カリキュラムを作成します。

研修初日に、現状を確認するので、

部下の社員様から

仕事の仕方

不明点、不安点をヒアリングします。

すると

上司の話と違うことが多数

部下の社員さんは

その人なりに、成長をしていたり

頑張っている様子が伺えます。

実際目の前で仕事の再現や

作業手順を書かせると

ある程度できている…

この違いは、上司が

「どこまで」を成長と捉えるかが

定まっていないことが多いです。

なので、多少部下が仕事ができるようになっても

「成長した」と思うようり

「それくらいするなら、ここまでやって」

と、仕事のハードルを無意識に上げる…

だから、部下が頑張っても

その「成長」に気が付けない…

特に、毎日のことなので

中々気が付けません。

社内の成長は上司と部下が一緒に

「いつまでに、何ができる」を

明確にしておくといいでしょうね…

成長は見えにくいですから…

 

ドングリ