新年度が始まり

毎日が目まぐるしい…

頭の回転が

ついていけない…

自分のことでも

いっぱいいっぱいなのに

部下の面倒なんて見れません!!

そんな

ぼやきを

ここ数日

聞いてます…

そうだよねぇ…

仕事で手一杯で

教えるなんてねぇ…

こんな

話を言われるとき、

権堂が返す言葉は…

「教えなきゃいいじゃない…?」

「教える」は指導側の視点です。

指導者が全て学びを

リードしようと思うから

「教える」ということが

負担に感じる…

学びは

部下の視点です。

自分の知らないことを

自分で吸収し

知識を増やす。

このことを

自動的に行えるようになれば

「教える」は負担にならないです。

相手の仕事に対する

認知度を把握し

今日中(今週中、今月中)にすべきことを

相手に示し、実施する計画を

自分で作成させ

自分で取り組ませる。

動けない懸念事項を確認して

自分で払拭させる。

指導者は

それを見守る…

教えるではなく

学ばせる仕組みを

考えてみてはいかがでしょうか…?

3pr1