Jobstudy.jpという

キャリア教育活動紹介。

社員教育一環として、

企業の業務内容を

中学生の教材として

カリキュラムを作成した

事例を5回に分けて

ご紹介します。

5回目 最終回

佐賀にあります。

有限会社谷田建設

http://www.tanida21.co.jp/

ご参加いただいたのは、専務の谷田 将拓 様

今回2回目の活動参加です。

谷田建設3

谷田建設はもともと、建設会社だったのですが

家の解体をすることにも関わり

いつしか、その解体した廃材を

新たなエネルギー源として販売する

中間処理事業者に変異していきました。

前回参加の時は、

どの廃材がどんな機会によって、

どう処理をされるかという、

作業開始前と、開始後、処理機械を並べ替える

ワークシートでした。(写真右側)

谷田建設2

今回は、それを更にバージョンアップ!!

その先に同処理されるかを考える

ワークシートを追加作成してくださいました。

谷田建設1

これにより。この仕事が

社会の中で

どのような役割を果たしているかが

凄く分かりやすくなります。

谷田専務と何度となく

打ち合わせをして、

ご自身の今現在のしごとから

生徒に指導する内容を考えて

頂きましたが、

この内容をそのまま、谷田建設の新人研修でも

使えるとおっしゃっていただけました。

この点もjobstudy.jpの特徴です。

次回は、生徒側の視点で

jobstdy.jpのご紹介をします。