もうすぐ3月。

学卒の就職活動は3月1日から解禁になります。

そして4月の新入社員の受け入れと人事、管理部門は、

慌しさを増しているのではないでしょうか。

新入社員研修の準備まではスムーズに進んでも、

OJT実施計画となると、現場との調整が必要になり、

何かと手間がかかるものです。

そして、現場で起こっていることは、

ある日、突然上司から新人育成担当を

指示されてしまう若手社員がいることです。

『自分が習ったように教えたらいいよ。』

『いっしょに自分の仕事に同行させておけばいいよ。

手間をかけないでいいよ。』

簡単な仕事といわれても、

手間をかけないでいいといわれても教えられた経験は、

教える経験にはなり得ないのですが。。。。。

上司としてはすくなことも以下のことは、

OJT担当と話あっておく必要があります。

1.OJT担当を依頼する理由

簡単な仕事だから、そういう役割だからではなく、

OJT担当をする意義やその経験でOJT担当者に

どんなスキルを身につけて欲しいと考えているのか。

(OJT担当の目標形成)

2.具体的に何をすればいいのか

具体的に新人に身に付けてほしいことを、

いつまでに、出来るようになってほしいのか。

(OJT計画の策定)

3.OJT担当の仕事の配分

OJT担当は通常の業務を担っています。

自分の仕事が減るわけではないので、

どのように分担するのか部署内での調整は

必要でしょう。

(部署内管理)

いかがでしょうか?

OJT担当にはOJT担当として動ける、

施策が必要です。

56a9bc3032317680bee8b32e18b2354c_s