新入社員を受け入れる場合には育成の目標が必要です。

どの程度まで習熟することを目標としているのか、

ゴールが明確化されることで教育の計画を立てやすくなります。

忘れがちなことが『いつまでに』という基準です。

それはそれぞれの組織の経験やあるいは仕事における手順、

求める技能などにも深く関係してきます。

自社の新入社員をどのくらいの期間で、

どのようなことができるようになることで、

『新入社員の卒業』とかんがえるのか、

これを基準に計画をたてることで

それぞれの新入社員の成長が明確になります。

また、新入社員は自らが次に何を用意しなければならないのかが、

理解でき、個人の目標も立てやすくなります。

予定していた期間で習熟できていないと判断できれば、

どんなトレーニングが足りていないのか、

次の育成の計画を立てやすくなってきます。

そして、育成担当者はもちろん、新人に社内でかかわる方々と、

育成計画を共有しておくことで、新人に対して適切なアドバイスや、

適切な業務の依頼ができるようになります。

全社で新人を教育する体制を整えることができます。

jinnji