新卒一括採用の様子が変わりそうです。

現在高校3年生が大学を卒業する頃、

産業界では『2022年問題』と

言われています。

国立社会保障・人口問題研究所によると、

新卒の大半を占める22歳の人口が2022年を境に、

数万人単位で減少することになります。

現在でも売り手市場、

今後ますますこの傾向が激化すると考えられます。

人材を確保できなければ、

事業の継続も難しい時代。

また、現在でも新卒の初任給が柔軟になる傾向があり、

その人材の実績や技術に対して、

初任給から差がつけられることも。

企業が将来の見込みがあると考える人材には、

他の新卒よりも初任給を高く設定し

優秀と考えられる人材を確保する。

今後はこの傾向は進むことになり、

これまでの年齢や経験で給与を決定することから、

その人材の将来に対して、

投資するという考え方が、

主流になってくるようです。

組織は事業の継続が目的の一つです。

経営者は自社の将来を考え、

将来の人材確保をどのようにしていくのか、

早めに手を打つ必要があるようです。

pc