7月1日

福岡初 キャリア教育フォーラム

開催されます。

運営委員として、弊社が関わります。

分科会の関係者への連絡

開催場所である学校との連絡

並行して、6月29日、6月30日

中学生、小学生向けの

jobstudy(学校での職業体験型キャリア教育プログラム)の

開催準備

加えて、本業

企業コンサル、講演、研修の実施と

新しいお客様との打ち合わせ

新規案件の

プログラム開発

レジメ作成

テキスト作成…

こんな時間の使い方をしていると

20代、30代で仕事をしていた頃が

思い出される…

振り返れば、過去関わってきた仕事も

こんな状況ばかり

上司の口癖は

「時間は余すな!効率よく使え!」

「隙間時間を出すな!」

本当に、分刻みで仕事をしてました。

この感覚は私だけではないはず…

同年代の経営者の方

団塊の世代の経営者の方々も

同じ感覚があると思います。

これが、今の20代、30代の社員には

通用しにくい。

何で!

どぉ~して!!

と言われても

生活習慣の違いとしか

言えない…

この感覚を変えるには

仕事の与え方、

時間管理の仕方を

社員が覚えられるように

繰り返し、繰り返し

やらせるしかないです。

話してもわからないですよ。

身に付かせるには、

行動させるしかないです。

身に付くには

時間がかかります。

私もまだまだ、修業中。

分刻みのスケジュールは

何かアクシデントがあると

後の予定に数分刻みの

遅れが出る…

はぁ…

遅刻はいかんぜよ…

時間管理は遅刻の内容にしないとね…

tokei