働き方改革法案が国会を通過し、

長時間労働の是正のため、

生産性の向上のために、

組織が整えなければならないことがでてきました。

特に、長時間労働を是正するためには、

これまでやってきた業務をみなおし、

場合によっては『業務のスリム化』『業務削減』が必要になります。

業務がすべて必要であれば、人員の確保が必要になりますし、

あるいは、業務の一部を機械に、またはシステムにおきかえることも考えられます。

いずれにしても現在の仕事をあらためて洗い出す必要があります。

ここでは『業務のスリム化』『業務削減』をはかるために、

現在の仕事を洗い出すといった視点で考えてみましょう。

組織の支援をするときに感じることは、

『業務のスリム化』『業務削減』は決めてしまえば、

定着するまでにある程度時間がかかることもありますし、

一次的に痛みを伴うこともありますが取組むことで、

充分な成果を出すことができます。

なかなかすすまない原因の一つが、

『やらなければならない仕事』と

『不要な仕事』をわけるための判断ができないところです。

その判断をするための基準が明確になっていないことが、

『業務のスリム化』『業務削減』がすすまない原因であるといっても、

過言ではありません。

ではこの基準は

1.これからの戦略を描く

2.外部環境を知る

3.削減できないものを決める

ことによって決まってきます。

ではこの基準を決める責任を負っているのは、

組織の中では誰なのでしょうか?

bunntann