職場の雰囲気がよくない。

コミュニケーションがうまく取れていない。

従業員が暗い顔をしている。

このような状況になったとき、

職場の管理者としては、

起こっている状況に対しての、

対策を考えられます。

挨拶をしよう。

報連相をしっかりしよう。

お互いに声を掛け合おう。

研修でも

『コミュニケーション研修』

『ビジネスマナー研修』

『メンタルヘルスケア研修』

といった研修が企画され実施されます。

しかしながら職場でその後定着せずに、

なにをしても改善されない

といったことが多いのではないでしょうか?

現状への対策ももちろん大切ですが、

より効果を出すには、

『組織の風土』を整える必要があります。

組織風土とはその組織の中で成立している、

ルールや規則で、組織の構成員の行動や決断、発言や感情に、

影響を及ぼすものです。

明文化されているルールや規則のほか、

暗黙のルールなども含まれます。

例えば、

『コミュニケーション研修』を実施しても、

『研修受けてもね。。。』という組織風土であれば、

だれも実践しないでしょうし、

効果が現れないものも当然です。

『挨拶をしない』職場風土であれば、

いくら『挨拶をしよう』と組織の一部人間が実践しても、

多数にのみこまれてしまうのも想像できます。

人材育成を考えるとき、

組織風土をどのようにしたのか、

それを考え決定し、伝え続けることは、

経営者の役割です。

クレーム