企業経営者に『どのような人材を求めるか』と問いかけると、

『自ら行動できる人』『自主的な人』

『指示待ちではない人』といった答えが、

かなりの割合で返ってきます。

では、そのような人材を育成する仕組みが、

社内にあるのでしょうか?

58389c679501bd91619c029ba29b721d_s

仕事の能力は仕事の経験の中で培われます。

はじめからそれらの能力を持っている人材は、

少ないのではないかと思われます。

日々の仕事の経験を積むなかで、

能力として身についてくるものです。

ただ効果的にその仕掛けを構築するこことは、

できると考えます。

そのために考えておいて頂きたいことは、

1.自社の方向性を考え、自社の求める人材像を具体的にイメージし、

組織内で共有する方法

2.自社の人材に求める能力を明確にする

3.育成計画と実施した結果を振り返る仕組をつくる

この3点はまずは取り組んでおく必要があります。

人材育成は時間がかかるもので、すぐに成果が表れるものではありません。

しかしながら、取組めば期待した以上の成果を得られるものでもあります。

弊社では、自社の中で自社の求める能力を、

育成していく仕組みつくりを支援しています。

自社が思うような人材がいないと感じられるのであれば、

育成することを検討されることをおすすめします。

会議