7月1日 福岡初

キャリア教育コーディネーター全国大会&キャリア教育フォーラムを開催しました。

昨年11月頃から構想

キャリア教育の国の考えを知って欲しい

地域で活動している

キャリア教育コーディネーターの取り組みを知って欲しい

キャリア教育に興味を持って欲しい

学校と、企業の次世代育成に欠かせない

キャリア教育活動に参加して欲しい

そんな思いで突っ走り、

7月1日を迎えました。

日本全国からキャリア教育コーディネーターが集まり、

福岡のキャリア教育に情熱を持つ方々に集って頂き、

分科会あり、基調講演り、グループディスカッションありと

本当に実りの多い時間でした。

でも、終わったところで、

達成感って感じませんでした。

むしろ、その日以降に

参加したかたから、

沢山のお礼のお言葉を頂き、

やっとお役に立てたと実感できたとき

終わった~

やってよかった~と思いました。

今日、5年間キャリア教育支援をしてきた

川副中学校の池之上校長先生から

メールが来ました。

5月30日に国研主催

全国キャリア教育・進路指導担当者研究協議会で

文部科学省の長田先生と一緒に、

パネリストとして登壇されたとのこと。

その指定討論会(120分)の様子が

文科省動画チャンネルにアップされたので

ご覧くださいとのメールでした。

早速拝見したところ…

44分ごろ、川副中学校のキャリア教育の

取り組みとして弊社が…

学校と共に歩んできたことを

こんな風にご紹介頂けるとは

感動で涙がでてきました…

 

自分の取り組んでいることは

自分では中々自覚ができません。

それを、自覚させてくれるのは

周囲の声です。

部下に仕事の状況は

皆さんにしか伝えることはできません。

良いことであれ

良くないことであれ

しっかり、部下に伝えていますか…

伝え方が足りないと

部下は仕事の状況が

自覚できないかも…

自分のことは自分で

わかりにくいものですから…