先週週末

急ぎの仕事はないものの

テキスト作成や

教育カリキュラムの作成

今後の活動の参考となる

読みたい本 6.7冊

請求書の発送

月末の経理業務の準備

と、やることは沢山あった…

「日曜日、しないとなぁ~」

と思い、日曜日を迎える。

先週の日曜日

朝起きて

いい天気♬

「あ~いい天気♬

洗濯しないとなぁ…」

洗濯しながら

撮りためていた

テレビドラマを見ながら

掃除。

そうこうしているうちに

お昼。

娘が久しぶりに

チーズフォンデュが食べたいという。

普段構ってやれない母としては

「いいよ」

娘と一緒に、ジョリーパスタへ…

お昼を食べ、買い物に行き

気が付いたら夕方

「あぁぁぁ~

仕事、何もしなかった…」

落ち込む…

冷静に考えれば

落ち込む話ではないんです。

ただ、最近

「自分の立てた計画は必ず守ろう!!」

という指導を

複数のメンターから受けており

朝の予定と全く違う行動をしたことに

落ち込むんです…

メンターの皆さんは言いいます。

「できない予定は立てるな」

「休むこともちゃんと予定を立てろ」

と…

「休みの予定」を立てるのが

ものすごく下手!!

つい、その時になって

「まぁ、いいか」

という感じで、

「何もしない」=「休み」の図式になってしまい

なんとなく

「はぁぁ~ 今日何してたんだろう」…

って、落ち込む。

自分で行動したことで

自分が落ち込むと

自己肯定感が下がるそうです。

自己肯定感は

自分の存在意義を感じさせてくれる感情なので

それを、自分自身で減らすのは

なんとももったいない話。

メンターの一人

一圓克彦氏
http://ichienkatsuhiko.com/

が、日報コンサルタントの

養成講座で話してくれたこと…

「自己肯定感は小さな成功体験で培われる

と、言われることがあるが

自己肯定感が低い人が

小さな成功体験を積んだところで

自己肯定感は高まらない。

なぜなら

その成功体験は

『たまたまできた』

としか、思えないから

自己肯定感を高めるには

自分にした約束を破らず

コツコツ毎日やり続けること

そのやり続けてきたことが

『自分もやればできる!!』

という

気持ちにさせる。

どんなことでもいいから

決めたことをやり続けよう!!」

これ、

本当に響きました。

私まさに

成功体験を成功と認識しなかったタイプ。

私が取り組んでいる

jobstudy.jpという取り組みを

あるセミナーで話す機会が来ます。

セミナー資料を選手まとめた時

活動の累計を集計したら…

7年間累計

46校 7276人の生徒に

242社 333人の社員さんを

コーディネートしていたという

数字がでてきました…

いやぁ~

流石に

我ながらよく頑張ったと思いました。

jobstuy.jpは弊社の有償事業なんです。

なので、国や自治体からの補助金は

一切ありません。

弊社の少ない予算の中で

やりくりして続けている事業なんです。

だから、いつまでたっても事業の拡大はできないし

社員雇用も難しい

沢山の有志のお陰で

細々と、している活動です。

色々あったけど

いつも開催しますとお約束した学校には

必ず実施をしてきた…

これって、自分でも成功したと認められると

初めて思いました。

 

自己肯定感は

小さいな成功体験より

コツコツと

取り組んできた

自分の実績で培われる…

改めて実感した瞬間なのでした。

「私はできる!!」

junp