今日の午前中

次年度のキャリア教育活動に関する

打ち合わせをしました。

中小企業を大学や、中学校、小学校など

地域の学校機関と

どうコーディネートしていくか…

なんとも幸せな打ち合わせでした。

その時

大学生と中小企業をコーディネーションする

授業の話になったとき、

ふと、自分の創業の時のことを思い出しました。

9年前

講師登録の打ち合わせお会いした方に

「法人契約しましょう」と言われました。

「いやいや、会社じゃないで…」と言ったら

「会社作ればいいじゃん」

そんな、軽いノリで会社を作りました。

作るのは簡単。

でも、維持するのは本当に大変でした。

資本金がないことで、事業拡大がしにくいこと

会社を作るのが経営者ではなく

社員を雇って、初めて経営者といえること

会社を維持していくことが

どれだけ大変なことか…

何も知らない、素人経営者に

先輩経営者の方々は

本当に一つ一つ

教えてくださいました。

「もっと早く、このことが学べたら…」

もっと早く事業が発展していたかもしれない…

でも、アドバイスをくださった

先輩経営者の方々は

素人でも「経営者」という

肩書きがあったからこそ

出会えた方々…

勉強してから経営者になったほうがいいのか…

経営者になってから勉強したほうがいいのか…

それぞれに、良さも、課題もあるでしょう…

ただ、確実に言えるのは

「やってみないとわからない」

やったからこそ

言えること

見えることは

沢山あります。

考えただけでは答えにはならない…

その考えの答えは

行動の先にある!

ゆめ