そもそも『人事評価制度』の目的は何なのでしょうか?

『社員に対し、会社が向かう方向性を理解・浸透させ、

社員が成長しながら最大限の能力を発揮することで、

会社の業績を向上させる』ことが目的です。

最終的には『会社の業績の向上』を目指しているのです。

 

では『会社が向かう方向性」はどのようにして決めるのでしょうか?

やはりこの軸となる部分は『経営層』に知恵をしぼってもらうことになります。

そして『理解・浸透させる』仕組みが、『教育システム』や『人材育成』です。

『評価制度』は『会社が向かう方向性』を社員が理解しているか、

社員に浸透しているのかを、確認するための『仕組』です。

そこで、人事評価制度としては『評価制度』とあわせて、

『等級制度』や『報酬制度』『目標管理制度』などを

導入し、評価の結果を『見える化』していきます。

 

『評価の結果』をどのような方法で伝えていくのか、

制度運用を含めて、企業の将来を見据えて、

検討していきましょう。

 

チェック