評価制度導入の注意点は?♫vol.106

働き方関連法が成立し、企業は生産性の向上を検討する必要がでてきました。

特に人手不足に悩む中小企業にとって、

社員の長時間労働の是正への施策は不可欠です。

従業員の待遇を改善しつつ、生産性をあげるために、

評価制度の導入を検討される企業も多いのではないかと思います。

そもそも、評価制度を導入するにあたり、

どのような成果を求めて導入するのか

ここはしっかりと検討を要するところでしょう。

一般的な評価制度は、半年あるいは一年の期間で、

従業員自らが成果目標を設定し、期間が終了したところで、

上司との面談の機会を設け、上司が相対的に判断し、

賞与や昇給に反映させるといった内容です。

ここで、賞与支給や昇給に反映させるのは、

なぜなのでしょうか?

『社員のモチベーションをあげるため』

『公正な企業イメージをつくるため』

『社員の成長促進のため』など、

いろいろ考えらえるでしょう。

では、あなたの組織ではどんな成果を、

求めているのでしょうか?

自社の形態やサービス、顧客や、

事業戦略と求める成果から、

評価制度の作り方は大きく違ってきます。

企業にはその企業にあった、

評価制度があるはずです。

弊社では、それぞれの企業にあった、

評価制度の構築をご支援しています。

すでに導入されているけれど、

何か使い勝手が・・・。

そんな時にもご相談ください。

必ず、満足できるご支援をお約束します。

3d194f227e0ea4020f722971e84596a0_s

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA