適材適所と適所適材似ているけれども、

ちょっと意味が違っています。

適材関所・・・人の能力や特性などを正しく評価して、仕事の配置を決めること

適所適材・・・職務内容や求められる資質を明確にして、それに合う人材を配置すること

適材適所はそのひとにとって、最適な職務

適所適材はその職務にとって最適な人

組織運営では、

適所適材で考えるほうが、

人材育成の方策を考えやすくなります。

つまりそれぞれどのような仕事をしているのか、

それにはどのような能力が必要であり、

どのようにして、身に付けてもらうのかということです。

自社にどのような仕事があり、どんな力やスキルが必要だと考えていらしゃいますか?

58389c679501bd91619c029ba29b721d_s