集団の2:6:2の法則について、

聞かれたことがある方もいらっしゃると思います。

古くから伝えられるこの法則、

従業員や組織についても、

2割のできる人

6割の普通の人

2割のできない人

によって構成されているといわれています。

そして、多くの企業では2割のできるひとが、

売上の8割を稼いでいるともいわれています。

人材不足の企業経営者は、

『できる人』を採用したいと考えられることでしょう。

しかし、不思議なことなのですが、

できないひと2割を排除しても、

普通の人6割から、新たに2割のできない人が出てきます。

また、できる人ばかりを集めても、

やはりこの法則に従ってわかれていきます。

ならば、2割のできる人の基準に、

6割の普通の人、2割のできない人の底上げを

はかっていくことを検討されることをおすすめします。

採用できるかどうかわからない人材を求めるより、

今いる人材を育成することに着手すべきでしょう。

では、できる2割の人材が人材育成できるかといえば、

難しい側面もあります。

スポーツの世界でも、

名プレイヤーが名監督・名コーチとはならないことが、

良く見られます。

育成には育成の方法があります。

次回はなぜで2割のできる人が育成ができないのか、

その理由と育成の手法について伝えたいと思います。

クレーム