しばらくブログ掲載が滞っていましたが、

弊社でも数社新入社員研修のご依頼があり、

県外、県内での活動をしていました。

経年で新入社員研修に携わる機会があると、

毎回感じることはその年度で特徴があるといえることです。

新入社員研修の外部講師として登壇することは、

その時間を共有するだけだからこそ、

その参加者の特徴にあった、効果のでる研修設計を心掛けています。

ここ数年でかんじることは、

価値観の多様化や情報過多のためか、

たしかにいろいろな『情報』はもっていても、

『具体的な行動』に移す力が乏しいように思います。

素直であるからこそ『言われたこと』をすることはできるのですが、

少し変化をさせたり、工夫が必要になるととたんに動きが鈍ります。

また『なぜそうしたのですか?』『どう思いますか?』

『どうかんじましたか?』といった『正解』のない質問には、

顔がくもりがちです。

経験が少ないとも思えるのですが、

社会人基礎力(経済産業省提唱)が、

低下しているようにも思います。

スキルや能力を知識×行動(アウトプット)と表現しますが、

知識はあっても行動にうつす『基礎力』が低下している傾向は否めないと思われます。

OJTの場ではこの人材の傾向を捉え、

順序だてて育成していかなければ、

これまで通り、昨年どおりでは目指す効果が得られないのでは、

ないでしょうか。

対象者の特徴をとらえ、適切な指導をしていくことが求められます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA