最近コンサルティングに伺う企業で、

経営者や経営幹部の嘆きは

『”いい人”がとれない』

『教えたことが全然身についていないんです。』

『せっかく採用した新人がすぐにやめてしまうのです。』

というお話です。

これを『人材三重苦』-採れない、育たない,すぐ辞める

と言うようです。

独立行政法人中手企業基盤整備機構が

中小企業を対象に行ったアンケートによると、

業界を問わず7割を超える企業が

『人手不足を感じている』と答えています。

この人手不足の影響がどういうところに出ているかというと、

他を大きく引き離して『人材の採用が困難』がトップです。

自社の商品やサービス自体ウケているのに、

顧客の需要にこたえられるだけの人材が確保できずに、

ビジネスがうまく回らなくなっている企業も、

見受けられます。

有名大手企業であっても正社員の確保に苦慮しています。

『いい人材を確保できない』と人材採用にフォーカスするより、

一刻も早く、すでにいる人材の活用に着手すべきではないでしょうか。

いまいる人材の底上げをすることで、

人手不足は解消される可能性は高いと考えられます。

企業が求めることは、

『売上を作れる人』です。

これは教育次第で育成は可能です。

労働人口が不足している今、

採用に注力するより、

人材育成に注力し、

強い体質の企業に取組まれることが、

時間やコストを考えるとよりよい選択になるのではないかと、

思います。

弊社ではコンサルティングを通して、

よりよい育成計画策定をご支援しています。

自社にあった育成計画を考えて見られませんか?

img2