OJTとOFF-JTは人材育成の主な手法です。

この二つを連携することで、効果的に人材を育成することができます。

それぞれの役割にあった遣いかたが必要です。

まずはOJTとは、実際の職務現場において、

業務を通して行う教育訓練のことをいいます。

部下が職務を遂行していく上で必要な知識やスキルを、

上司や先輩社員などの指導担当者が随時与えることで、教育・育成する方法です。

そして、OFF-JTとは、職場から離れた場所で、

業務遂行に必要な基本となる知識・スキルを体系的に

学習するために行う教育訓練のことです。

OJTが人材育成の中心ではあるのですが、

OJTにも限界があります。

・教える人間の能力に左右される
・教育が無計画になりやすい
・論理的、体系的に学ぶことができない
・社内にない知識・経験は身につかない

この限界を補完するために『OFF-JT』組み合わせることで、

その効果が見えやすくなり、組織の改善すべき点が見えてきます。

OFF-JTで学んだこと(インプット)を、

OJTで実践しながら(アウトプット)その組織の慣例や特徴を学び、

ひとりで業務ができることにつなげていくことができます。

ここではOJTの限界を述べましたが、

もちろんOFF-JTのデメリットもあります。

そこで『人材育成計画』

・いつまでに

・どのようなことが

・どの程度できる

ようにするのかの『計画』が求められます。

この計画はそれぞれの組織の特徴にあったものでなければ、

想定する効果がえられないものです。

OJT、OFF-JTの特徴と自社の特徴を踏まえた計画が、

企業の成長につながります。

img2