福岡から全国へ 経営戦略は人財活用が必須 人材コンサルティング

育成支援

  • HOME »
  • 育成支援

社員のキャリア形成 セルフ・キャリアドック

テレワークなど遠隔での仕事をしている社員の方の仕事の進捗確認、課題整理、改善アドバイスなどの支援をします。

詳しくはこちら

 

早期離職や指導の悩みなど教育の問題を解決へ

社員を採用しても、最適な教育システムが整っていなければ、指示された仕事だけを行う「作業員」になってしまいます。
人財育成コンサルティングでは、ヒアリングを通し、貴社が抱える人財教育の問題を解決へと導きます。
3pr1

特徴1 課題分析から解決まで一貫対応

貴社の課題を緻密に分析し、原因を特定します。教育システム構築や定着研修まで対応します。

特徴2 貴社に合わせたカスタマイズ提案

企業によって教育の課題は様々です。それぞれの企業の業務内容にそったプログラムで問題解決を目指します。

特徴3 人事制度と連動した提案が可能

中小企業300社におよぶ豊富なコンサルティング実績から、人事制度と整合性の取れた解決策を提案します。

人事異動とキャリア形成

社員の意識や行動は、環境の変化に伴って変わってきます。人事異動によるジョブローテーション。キャリア形成を明確にしないとモチベーションの低下につながります。「その人にいつまでにどんな仕事を与え、どのような能力を身につけて自社に貢献してもらうのか」という計画を立てて育んでいくことが、本当の教育システムです。時々の仕事をさせるだけでは、次世代を担う人財は育ちません。下図をご覧いただき、環境の変化で社員がどのような行動を行い、意識が変化するのかご確認ください。

チャート

このようなお悩みはありませんか?

仕事で必要なキャリア(経験)の積み重ねは貴社ではスムーズに行えていますか?
このような状況は全てキャリア(経験)不足です。

人財育成コンサルティングからキャリアを構築させる研修までワンストップで対応

若手社員の早期の離職は若手社員だけの問題ではありません。管理職が人材を育成する役割をになっているという理解が必要でしょう。そのうえで、管理職が指導力を身に着ける。
特に技能系の人材教育はこれまで『見て覚える』が中心でした。短期間で戦力になってもらうためには、育成のステップをつくり、指導者が指導力を身につけることで確実に成果がでてきます。人材教育の課題は様々な要因が絡み大きな問題を生じています。弊社の経営支援コンサルティングは、貴社の教育課題を分析し、解決方法をご提案致します。
3pr1

お申し込みからコンサルティングまでの流れ

お申し込み
メールまたはお電話でご連絡を頂き、当社よりヒアリングの日程をご連絡いたします。
ヒアリング
事業内容のヒアリング。
抱えている課題をお伺いいたします。
状況把握・分析作業
可能な範囲で、課題が生じている現場見学、または担当者からお話を伺い状況を把握し、要因を分析します。
改善策のご提案
分析した内容を元に、ご改善策をご提案し課題解決に導きます。

price

お気軽にお問い合わせください TEL 092-477-6387 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP